住宅ローン モーゲージ・バンカー

住宅ローンのモーゲージ・バンカー

住宅って一生に一度するかしないかの高額の買い物ですよね。

 

そのため多くの人が住宅ローンを組んで住宅を購入するようにしているのですが、この住宅ローンって用語が多く仕組みなどが分かり辛かったりします。

 

聞き慣れない用語や見慣れない用語が多くて混乱してしまったという人も多く、住宅ローンって学ぼうとするととっても大変です。

 

そこで今回は住宅ローンの用語の1つである「モーゲージ・バンカー」とはなんなのか簡単に説明していきたいと思います。

 

モーゲージ・バンカーのモーゲージとは訳すると抵当という意味になり、アメリカでは一般的に住宅ローンのことを指す単語です。

 

このモーゲージ・バンカーは銀行の預金などを原資とすることなく、住宅ローンの売却で得られる代金を主な原資として、貸付などを行う金融機関です。

 

モーゲージ・バンカーは貸付だけでなく元利金回収などにも係わりを持つやや特殊な金融機関で、手数料ビジネスを行っています。

 

住宅ローンの用語には見慣れておらず意味が分かり辛いものもありますので、気になった用語は是非ご自分でも調べてみてください。

 

即日融資

 

モーゲージ・ブローカー

住宅購入って人生で一番高額の買い物にもなる大きなイベントですよね。

 

そんな住宅購入の際には多くの人が住宅ローンを組んで、自分の住宅を購入するようにしています。

 

でもこの住宅ローンって専門的な用語が多く、初めて住宅ローンについて調べている人などは用語の多さなどから混乱してしまうことも多いです。

 

そこで今回は見慣れない用語の多い住宅ローンの中でも「モーゲージ・ブローカー」という用語について簡単に説明したいと思います。

 

モーゲージ・ブローカーとはアメリカにおける住宅ローンの仲介をする仲介業者の通称です。

 

モーゲージ・ブローカーは様々な金融機関が利用者へと提供している住宅ローン商品の中から利用者に最適な商品を提案します。

 

その住宅ローンの審査や金利の予約、契約など住宅ローンを組む際に発生する様々な手続きの代行を行う業者がこのモーゲージ・ブローカーです。

 

アメリカでは利用者が金融機関から受ける融資の内の1%前後を仲介手数料としてモーゲージ・ブローカーが取るビジネスモデルが確立されています。

 

住宅ローン用語で気になるものがあれば是非ご自分でも調べてみてください。

甘く考えて返済遅延などを何回もやってしまうとその人に関するキャッシングの現況が低いものになってしまい、一般的な水準よりもかなり下げた金額を申込したいのに前の影響で審査を通パスさせてもらうことができないということもあるのです。

即日キャッシングは審査を通過できたら、お金を当日中に借入できるキャッシングのことです。手の打ちようがない資金不足は予測も準備もできないものですから、普段は意識していなくても即日キャッシングができるってことはまるで救世主のように思う人が多いでしょう。

近頃利用者急増中のキャッシングを受けたいときの申込方法は、これまでにもあった店舗の窓口で直接申込することはもちろん、ファクシミリや郵送、そしてウェブサイト等たくさんのものがあり、商品は一つでもたくさんの申込み方法から決めていただくことが可能なところもあるのです。

取り扱っているカードローンの会社の違いで異なることもありますが、どこのカードローン会社でも社内の審査項目にしたがって、ご希望に合った融資をその申込んだ人に日数をかけずに即日融資での融資ができるかどうか判断して融資するのです。

キャッシングで貸してもらおうといろいろ考えている方は、現金が出来れば今日にでも入金してもらいたい方がほとんどなのではないでしょうか。現在ではびっくりすることに審査時間たったの1秒だけでOKの即日キャッシングも使われています。


多様なカードローンの会社には、低金利なものも増えてきた信販系の会社、アコムとかプロミスなど消費者金融系の会社といった種類の違いが存在します。銀行関連の会社というのは審査の時間を要し、残念ながら即日融資は実現不可能なときもかなりあるようです。

ポイント制によるサービスがあるカードローンだと、ご利用いただいた金額に応じてポイントを獲得できるように発行し、カードローン利用に伴う支払手数料の部分にそのような独自ポイントを現金の代わりに使用できるサービスを行っているところもあるんです。

実はカードローンを使うなら即日融資してもらうことも可能です。だから朝、カードローンを申し込んでおいて、審査に通ることができれば、その日の午後にはカードローン契約による新たな融資を受けることができるというわけ。

意外かもしれませんがキャッシングとローンがどう異なるのかについては、力を入れて考えていただく必要は全くありませんが、お金を借りる手続きに当たっては借り入れたお金の返し方については勘違いや計算違いなどがないかも含めてしっかりと確認したうえでお金を借りるべきです。

数十年も前のことであればキャッシングを申し込んだ際に行われる事前の審査がかなり緩やかだったときも間違いなくありましたが、現在は当時とは比較にならないほど必須の事前審査のときは会社ごとに定められた信用調査が詳しく執り行われているわけです。


一度は聞いたことがあるようなキャッシング会社というのは、メガバンクとか関連会社、および関連グループの管理運営であり、最近は多くなってきたインターネットでの申込でも対応可能で、便利なATMによる随時返済もできることになっておりますのでとにかくおすすめなんです。

過去のキャッシングなどにおいて返済の遅れや自己破産などの問題を発生させた方は新たにキャッシングできるかどうかの審査を受けていただいても通過することはもうできないのです。このように、現在だけではなく過去もその記録がいいものでなければ認められないのです。

カードローンでお金を借りる際のメリットの一つは、店舗の営業時間などに縛られず返済していただくことができるところです。あちこちにあって便利なコンビニのATMを画面を見ながら操作していただくとお出かけ中でも返済していただくことができますし、ネットによる返済も問題ありません。

実は銀行の融資金額については融資総額の規制をする総量規制の対象にならないので、カードローンの場合はなるべくなら消費者金融など以外が賢明だということを忘れないでください。融資の限度として、希望しても本人の年収の3分の1以上は原則として融資はできません、という決まりのことで、総量規制と言います。

平均以上に収入が安定した職業についている場合だと申し込み日の即日融資が受けられるのだけど、自営業者とかアルバイトの方などのケースだと融資の審査に長い時間がかかって、なかなか即日融資を受けることが不可能になることだってあるのです。


更新履歴


このページの先頭へ戻る